ホーム » プロテオグリカン

カテゴリー別アーカイブ: プロテオグリカン

ロコモティブシンドロームの予防とプロテオグリカンについて

ロコモティブシンドロームとは、体の各器官を上手に動かす事が出来なくなってしまい、結果的に要介護状態になる危険性が高い症状の事を言います。
またそれはただ単に筋肉等の衰えと言う事だけでなく、神経電圧等に関しても何らかのトラブルがあると考える事が出来る為、高齢社会となった現在では健康に生きて行く為にも出来るだけ注意しておく必要がある症状です。

これを改善する方法の一つとして注目を集めているのがプロテオグリカンです。
元々これは美容成分としても知られているのですが、実は高いアンチエイジング効果が期待できる成分となっています。
抑々プロテオグリカンは多糖類を含むたんぱく質の事で、細胞の保護を行ったり細胞と細胞をつなぎ合わせる働きがあります。
グルコサミン等が膝に良いと言われていますが、実はプロテオグリカンもそうした各器官の動きをスムーズにする働きが期待できる物として知られる様になって来ました。

プロテオグリカン自体はロコモティブシンドロームの症状を軽くしていく効果なども期待できる為、出来るだけ摂取する方が良い成分です。
現在ではサプリメント等にも多数配合されているため、それを継続して利用する事でロコモティブシンドロームにも良い影響を与える事が期待出来ます。

プロテオグリカンの働きと効果

プロテオグリカンと聞くと新手の病気の名称かと一瞬勘繰ってしまいそうな名前ではありますが、人や動物の体内にある細胞の名前で近年美容面での効果を得られると注視されているものです。
肌の表面を潤すことばかりに注目がいきがちだった美容は終わり、コラーゲンやヒアルロン酸が肌を潤わせることに必要不可欠といわれていますが、このプロテオグリカンもコラーゲンやヒアルロン酸同様、真皮層に存在する細胞の一つです。
プロテオグリカンの摂取によって肌の細胞の住処である真皮層の環境を整えることができ、細胞の活動が良くなることによって肌に張りや艶を与えることができます。また、関節痛を緩和させる働きも持つとされています。

プロテオグリカンという名前が聞きなれない名前だからといって、化学物質からできたものを摂取しなければならないというわけではありません。
プロテオグリカンは人や動物の体内にあるもので、主に魚の氷頭部分にあるとされています。氷頭からプロテオグリカンを高濃度で抽出することが難しく、取れる量もごくわずかであったため高価なものとされてきましたが、技術の進化に伴い年々身近なものとなってきております。
魚の氷頭を食べることで摂取することもできます。