ホーム » プロテオグリカン » プロテオグリカンの働きと効果

プロテオグリカンの働きと効果

プロテオグリカンと聞くと新手の病気の名称かと一瞬勘繰ってしまいそうな名前ではありますが、人や動物の体内にある細胞の名前で近年美容面での効果を得られると注視されているものです。
肌の表面を潤すことばかりに注目がいきがちだった美容は終わり、コラーゲンやヒアルロン酸が肌を潤わせることに必要不可欠といわれていますが、このプロテオグリカンもコラーゲンやヒアルロン酸同様、真皮層に存在する細胞の一つです。
プロテオグリカンの摂取によって肌の細胞の住処である真皮層の環境を整えることができ、細胞の活動が良くなることによって肌に張りや艶を与えることができます。また、関節痛を緩和させる働きも持つとされています。

プロテオグリカンという名前が聞きなれない名前だからといって、化学物質からできたものを摂取しなければならないというわけではありません。
プロテオグリカンは人や動物の体内にあるもので、主に魚の氷頭部分にあるとされています。氷頭からプロテオグリカンを高濃度で抽出することが難しく、取れる量もごくわずかであったため高価なものとされてきましたが、技術の進化に伴い年々身近なものとなってきております。
魚の氷頭を食べることで摂取することもできます。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です