ホーム » 2016 » 6月

月別アーカイブ: 6月 2016

プロテオグリカンの働きと効果

プロテオグリカンと聞くと新手の病気の名称かと一瞬勘繰ってしまいそうな名前ではありますが、人や動物の体内にある細胞の名前で近年美容面での効果を得られると注視されているものです。
肌の表面を潤すことばかりに注目がいきがちだった美容は終わり、コラーゲンやヒアルロン酸が肌を潤わせることに必要不可欠といわれていますが、このプロテオグリカンもコラーゲンやヒアルロン酸同様、真皮層に存在する細胞の一つです。
プロテオグリカンの摂取によって肌の細胞の住処である真皮層の環境を整えることができ、細胞の活動が良くなることによって肌に張りや艶を与えることができます。また、関節痛を緩和させる働きも持つとされています。

プロテオグリカンという名前が聞きなれない名前だからといって、化学物質からできたものを摂取しなければならないというわけではありません。
プロテオグリカンは人や動物の体内にあるもので、主に魚の氷頭部分にあるとされています。氷頭からプロテオグリカンを高濃度で抽出することが難しく、取れる量もごくわずかであったため高価なものとされてきましたが、技術の進化に伴い年々身近なものとなってきております。
魚の氷頭を食べることで摂取することもできます。

将来ロコモティブシンドロームにならないための予防策について

ロコモティブシンドロームは身体を支え歩く機能が低下することで起こる運動器症候群です。移動機能が低下した状態が進行すれば将来、介護が必要になるリスクが高くなるとされているので、早めの予防対策は重要になります。
ロコモティブシンドロームの予防対策として真っ先に挙げられるのは運動です。しかし走ったり身体に負担をかけるような激しい運動ではなくとも、ウォーキングや体操、ストレッチの様な軽い運動で十分に効果があります。例えばテレビを見ながらや音楽やラジオを聞きながらの、ながら体操でも大丈夫ですし、買い物を歩いて行ったり運動公園などを利用しても良いでしょう。筋肉を付け関節や軟骨を柔らかくする生活習慣がロコモティブシンドロームの予防策として大切なポイントになります。
ロコモティブシンドロームは加齢により現れるイメージがありますが、近年では子どもも起こっている可能性があります。勉強が中心になった生活やゲーム機の様な室内遊びが遊びの中心になると、小さい頃からの運動習慣が少なくなり早い段階でロコモティブシンドロームの予備軍になってしまうのです。それを防ぐためにも散歩や公園遊びなど小さい頃から家族で身体を動かす楽しみを覚えさせると良いでしょう。