ホーム » 2016 » 5月

月別アーカイブ: 5月 2016

ロコモティブシンドロームが起こる原因について

ロコモティブシンドロームは身体を支え、運動する運動器の障害が起こり、移動機能が低下した状態のことを言い、進行することで将来介護が必要になるリスクを高めます。その原因には運動不足や体型が挙げられます。
人間の身体は身体を動かすことで筋肉を付け、関節や軟骨を柔軟に保つことが出来ますが、運動をしないことでその機能が低下し、転倒しやすくなったり続けて歩くことが困難になります。また痩せすぎた体型になることで身体を支える骨や筋肉が少なくなったり、逆に太り過ぎた体型になることで膝や腰の関節に大きな負担をかけることになります。結果として歳をとった時にロコモティブシンドロームになってしまうのです。
しかしロコモティブシンドロームは急激に起こる、という訳ではないことがポイントです。先述した運動不足や体型については若い時からの習慣の結果とも言え、つまり元となる原因を取り除くためには、若いうちからの意識ということも1つ重要なのです。だからといってもう歳だから諦めるという訳ではありません。歩くことが難しいなら軽い体操やストレッチから始めたり、近所の散歩を習慣とすることでロコモティブシンドロームの予防に繋がります。
原因が分かれば早い段階で対策を取ることも出来るので、身体に無理をしない範囲から最初は初め、自分の足で歩く楽しみを将来に託しましょう。

ロコモティブシンドロームとは一体何だろう

人間の体は各器官が密接に関わり合っています。
それらの数か所の機能が低下してしまったとしても、勿論最初は他の部分が補う事が可能となっていて大きなトラブルにすぐになってしまわない場合もありますが、それを放置してしまうと結果的に体を動かすのに必要な機関に障害が起きてしまい、結果的に自分で移動する事すらできなくなってしまう場合があります。
そうした状態、さらに要介護になる危険性が高い諸症状の事をロコモティブシンドロームと言います。

本来は脳が全ての指令を下して各器官を動かす事になります。
しかしそうした指令が上手く伝わらないと体を上手に動かす事が出来ない事が出てきます。
ロコモティブシンドロームとは簡単に言うと情報の伝達機能が低下してしまう事も原因の一つとして考える事が出来ます。

前述した様に、体と言うのは各パーツがバラバラになっているのではなく密接に関わり合っています。
したがって、出来るだけ健康な生活を送るという点から考えても運動機能の低下、さらには血管障害等が起きてしまうのは出来るだけ避けなければいけません。
出来るだけ早い段階で対処すればそれ程酷い状態にならない場合も多い為、まずはチェックポイントを見て自分自身がどれだけ当てはまるかを見る事、さらに気になる点がある場合は医療機関で検査してもらう事が重要です。