ロコモティブシンドロームの予防とプロテオグリカンについて

ロコモティブシンドロームとは、体の各器官を上手に動かす事が出来なくなってしまい、結果的に要介護状態になる危険性が高い症状の事を言います。
またそれはただ単に筋肉等の衰えと言う事だけでなく、神経電圧等に関しても何らかのトラブルがあると考える事が出来る為、高齢社会となった現在では健康に生きて行く為にも出来るだけ注意しておく必要がある症状です。

これを改善する方法の一つとして注目を集めているのがプロテオグリカンです。
元々これは美容成分としても知られているのですが、実は高いアンチエイジング効果が期待できる成分となっています。
抑々プロテオグリカンは多糖類を含むたんぱく質の事で、細胞の保護を行ったり細胞と細胞をつなぎ合わせる働きがあります。
グルコサミン等が膝に良いと言われていますが、実はプロテオグリカンもそうした各器官の動きをスムーズにする働きが期待できる物として知られる様になって来ました。

プロテオグリカン自体はロコモティブシンドロームの症状を軽くしていく効果なども期待できる為、出来るだけ摂取する方が良い成分です。
現在ではサプリメント等にも多数配合されているため、それを継続して利用する事でロコモティブシンドロームにも良い影響を与える事が期待出来ます。

プロテオグリカンの働きと効果

プロテオグリカンと聞くと新手の病気の名称かと一瞬勘繰ってしまいそうな名前ではありますが、人や動物の体内にある細胞の名前で近年美容面での効果を得られると注視されているものです。
肌の表面を潤すことばかりに注目がいきがちだった美容は終わり、コラーゲンやヒアルロン酸が肌を潤わせることに必要不可欠といわれていますが、このプロテオグリカンもコラーゲンやヒアルロン酸同様、真皮層に存在する細胞の一つです。
プロテオグリカンの摂取によって肌の細胞の住処である真皮層の環境を整えることができ、細胞の活動が良くなることによって肌に張りや艶を与えることができます。また、関節痛を緩和させる働きも持つとされています。

プロテオグリカンという名前が聞きなれない名前だからといって、化学物質からできたものを摂取しなければならないというわけではありません。
プロテオグリカンは人や動物の体内にあるもので、主に魚の氷頭部分にあるとされています。氷頭からプロテオグリカンを高濃度で抽出することが難しく、取れる量もごくわずかであったため高価なものとされてきましたが、技術の進化に伴い年々身近なものとなってきております。
魚の氷頭を食べることで摂取することもできます。

将来ロコモティブシンドロームにならないための予防策について

ロコモティブシンドロームは身体を支え歩く機能が低下することで起こる運動器症候群です。移動機能が低下した状態が進行すれば将来、介護が必要になるリスクが高くなるとされているので、早めの予防対策は重要になります。
ロコモティブシンドロームの予防対策として真っ先に挙げられるのは運動です。しかし走ったり身体に負担をかけるような激しい運動ではなくとも、ウォーキングや体操、ストレッチの様な軽い運動で十分に効果があります。例えばテレビを見ながらや音楽やラジオを聞きながらの、ながら体操でも大丈夫ですし、買い物を歩いて行ったり運動公園などを利用しても良いでしょう。筋肉を付け関節や軟骨を柔らかくする生活習慣がロコモティブシンドロームの予防策として大切なポイントになります。
ロコモティブシンドロームは加齢により現れるイメージがありますが、近年では子どもも起こっている可能性があります。勉強が中心になった生活やゲーム機の様な室内遊びが遊びの中心になると、小さい頃からの運動習慣が少なくなり早い段階でロコモティブシンドロームの予備軍になってしまうのです。それを防ぐためにも散歩や公園遊びなど小さい頃から家族で身体を動かす楽しみを覚えさせると良いでしょう。

ロコモティブシンドロームが起こる原因について

ロコモティブシンドロームは身体を支え、運動する運動器の障害が起こり、移動機能が低下した状態のことを言い、進行することで将来介護が必要になるリスクを高めます。その原因には運動不足や体型が挙げられます。
人間の身体は身体を動かすことで筋肉を付け、関節や軟骨を柔軟に保つことが出来ますが、運動をしないことでその機能が低下し、転倒しやすくなったり続けて歩くことが困難になります。また痩せすぎた体型になることで身体を支える骨や筋肉が少なくなったり、逆に太り過ぎた体型になることで膝や腰の関節に大きな負担をかけることになります。結果として歳をとった時にロコモティブシンドロームになってしまうのです。
しかしロコモティブシンドロームは急激に起こる、という訳ではないことがポイントです。先述した運動不足や体型については若い時からの習慣の結果とも言え、つまり元となる原因を取り除くためには、若いうちからの意識ということも1つ重要なのです。だからといってもう歳だから諦めるという訳ではありません。歩くことが難しいなら軽い体操やストレッチから始めたり、近所の散歩を習慣とすることでロコモティブシンドロームの予防に繋がります。
原因が分かれば早い段階で対策を取ることも出来るので、身体に無理をしない範囲から最初は初め、自分の足で歩く楽しみを将来に託しましょう。

ロコモティブシンドロームとは一体何だろう

人間の体は各器官が密接に関わり合っています。
それらの数か所の機能が低下してしまったとしても、勿論最初は他の部分が補う事が可能となっていて大きなトラブルにすぐになってしまわない場合もありますが、それを放置してしまうと結果的に体を動かすのに必要な機関に障害が起きてしまい、結果的に自分で移動する事すらできなくなってしまう場合があります。
そうした状態、さらに要介護になる危険性が高い諸症状の事をロコモティブシンドロームと言います。

本来は脳が全ての指令を下して各器官を動かす事になります。
しかしそうした指令が上手く伝わらないと体を上手に動かす事が出来ない事が出てきます。
ロコモティブシンドロームとは簡単に言うと情報の伝達機能が低下してしまう事も原因の一つとして考える事が出来ます。

前述した様に、体と言うのは各パーツがバラバラになっているのではなく密接に関わり合っています。
したがって、出来るだけ健康な生活を送るという点から考えても運動機能の低下、さらには血管障害等が起きてしまうのは出来るだけ避けなければいけません。
出来るだけ早い段階で対処すればそれ程酷い状態にならない場合も多い為、まずはチェックポイントを見て自分自身がどれだけ当てはまるかを見る事、さらに気になる点がある場合は医療機関で検査してもらう事が重要です。